Qualia

time slip

   



   大きな扉が開く その瞬間が好き



   長く文豪に愛されたというお宿は 襖と障子 机や灯りまでが懐かしいつくり

c0116216_2227284.jpg



  かつて 原稿を埋める鉛筆にあきた手が この大きな鍵を握ったのかもしれない

c0116216_22264632.jpg



c0116216_22184775.jpg


  ほんのりと優しい朝が  闇を開け始める    

  嬉しくてつい早くに目が覚めたから  物音で闇を追い払ってしまわないように

  静かに 静かに      珈琲の香りを添えてみたんだ
     



                           



   
                                 ご褒美仕事  老舗Hotelにて



















何か伝わるものがあったなら・・  ぱち。。(-m-)  明日からも頑張れます♪ 


     
画像をクリックすると 少し大きくなります。お試しを・・・・





        
人気ブログランキングへ協力感謝
試行中   ^^v   興味津々。

[PR]
by cheyco | 2011-11-24 22:57 | D90 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://cheyco.exblog.jp/tb/17132036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tenpp at 2011-11-25 14:23
素敵ですね~。何もかもが時代を感じさせますね。
特に鍵、渋すぎますよね。いいなー、羨ましいー。
Commented by 1964risingsun at 2011-11-25 23:54
障子の部屋はいいですね~。
こんな場所ならきっといい文章が湧き出てきそうです^^

写真はもちろんですが、《ほんのりと優しい朝が…》
cheycoさんの言葉がリラックスした感じや穏やかな
感じがしてまた心に残っちゃいました(^^V
Commented by cheyco at 2011-11-27 14:25
■Tenさん
鍵 渋かったですよ~~  ずっしりと重量感があって思わず撮りまくりでした^^;
これが 何もかも タイムスリップしたようなしっとり渋いHotelですが、姿かたちだけでなく人の温かさの感じられるのがとても嬉しく感じられました。
また来たいって思えるのは 新しさ美しさのキモチイイから・・だけではないかもしれませんね^^
Commented by cheyco at 2011-11-27 14:28
■ 1964risingsunさん
障子 いいでしょ^^b ふすまと畳もなんか落ち着くお部屋でした。
言葉を足さずに 写真だけで伝えられれば・・とも思うのですが
ついつい 添えてしまいます^^;
長い文は ぼろが出るので  自粛です(〃∇〃)